顎関節症本文へスキップ

顎関節症 めまい

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

顎関節症とめまいについて

顎関節症とめまいについて

顎関節症とめまいは関係しています。顎関節症になるとめまいを伴っている方が少なくはありません。顎関節症とめまいはどのような関係があるのでしょうか?めまいは脳の異常や耳の器官異常から起こります。しかしこれだけがめまいの原因ではありません。

顎関節症は顎関節周辺組織の異常がから起こります。顎関節周辺の筋肉過緊張、顎関節の構造異常などがあります。

これらの異常から耳の中にある平衡感覚が刺激されるとめまいが発症します。さらに首や肩周辺の筋肉が緊張が起こると脳にいく血液循環量が低下するため、これがめまいの原因にもなります。

また、顎の痛みや顎関節が鳴るなどの顎関節の症状があると自律神経が刺激されます。すると、次第に自律神経バランスが乱れるようになりめまいが発症するのです。このように顎関節症からめまいが引き起こされます。

医療機関で原因不明のめまいがある場合は顎関節症から起こるめまいである可能性もあるため顎関節症の症状がでていないかチェックすることをお勧め致します。































ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-555-9399