顎関節症本文へスキップ

顎関節症 目的

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

顎関節症治療の目的purpose

顎関節症治療の目的は『痛みの緩和』『姿勢の改善』『再発防止』になります。

1.痛みの緩和
顎関節症で痛みを伴うことがあります。物を噛む、口を大きく開く、話すなどあらゆる場面で痛みが起こります。これは筋肉の問題、あるいは顎関節の運動障害、組織損傷などによって痛みが起こります。

このような顎関節症の痛みがあった場合、原因から改善することが必要になってきます。そのため顎関節症の痛みが起こった原因から痛みを改善し、緩和します。

2.姿勢の改善
顎関節症が起こる原因は姿勢の悪さです。うつ伏せや横向きで寝る、頬杖をつく、猫背の姿勢など顎関節に負担のかかる姿勢よって起こる場合がほとんどです。

さらに足を組む、片足の荷重をかける、鞄を持つ手がいつも同じ側などの日常生活の姿勢が悪さが身体のバランスを崩します。

その結果、全身がゆがみ⇒顎関節がゆがみ⇒顎関節に負担がかかり顎関節症が発症します。そのため、姿勢を改善し顎関節を正常な位置に戻し、顎関節の昨日を正常にすることが顎関節症の改善になるのです。

3.再発防止
顎関節症の再発防止のため日常生活を注意する必要があります。特に日常生活で顎関節に負担をかけてしまうような姿勢に気をつけながら生活することが重要です。さらに咀嚼筋のマッサージや食いしばりをしない、左右対称に口の開閉運動を行うことが必要です。

また顎関節や全身バランスを改善を行います。これにより一時的に顎関節症の症状を軽減するだけでなく、根本的な原因から改善します。そして顎関節症治療を行った効果の持続性と顎関節症が再発しないように防ぐことができるのです。




























ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-555-9399