顎関節症本文へスキップ

顎関節症 咀嚼筋

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

咀嚼筋muscle of mastication

咀嚼筋は顎関節を中心に頭から顎につく筋肉です。咀嚼筋は4つの筋肉から構成され、それぞれ咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋になります。

咀嚼筋は下顎骨を上方、前方、側方へ動かすようにして、噛む動きや食いしばる、硬い物をかみ砕く、奥歯で食べ物を擦り潰す・押しつぶす、歯ぎしりなどの時に働く筋肉です。

さらに話す時も咀嚼筋の働きによって会話が行えているのです。

咀嚼筋の運動や感覚などを支配する神経は三叉神経の第Ⅲ枝である下顎神経になります。

咀嚼筋は左右の顎関節にバランスよくについています。そのため咀嚼筋のバランスが何らかの原因で崩れると痛みを引き起こすようになるのです。

咀嚼筋は頬杖をつく、歯ぎしり、食いしばり、噛み合わせの悪さ、ストレスなどによって咀嚼筋が過度に緊張すると顎に痛みやだるさを感じるようになります。また咀嚼筋の異常によって顎の痛み他、肩こりや頭痛、めまい、耳鳴り、睡眠障害などの症状も引き起こすようになります。

また咀嚼筋を使用する頻度が少なくなると咀嚼筋は弱くなり、これが顎関節症を引き起こす原因にもなります。

このような咀嚼筋の異常によって起こる顎関節症はⅠ型の顎関節症になります。Ⅰ型の顎関節症が起こった場合は咀嚼筋である咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋のバランスを整えることが大切です。

そして、顎の痛みを我慢したまま使いづつけたり、放置していると顎関節の変形や顎関節の周辺の組織を損傷することになりⅠ型の顎関節症以外に進行するようになります。

顎に違和感を感じたら早めの治療開始がとても重要な事になってきます。



















ハルモニア鍼灸整骨院ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-555-9399