顎関節症治療本文へスキップ

顎関節症 タイプ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

顎関節症のタイプについてtype

顎関節症は人によって顎関節症のタイプがあります。顎関節症のタイプの違いによってアゴの痛み、口の開閉運動など、顎関節症の症状や程度の差が違ったりします。顎関節症のタイプはⅠ型~Ⅴ型まであります。

顎関節症I型
顎を動かす筋肉に異常があるタイプです。顎を動かす筋肉は外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋、側頭筋などの咀嚼筋です。顎関節に問題がなく咀嚼筋が過度の緊張や血液循環不良などでバランスが乱れると痛みが起こるのです。特にバランスが乱れやすいのは咬筋、外側翼突筋、側頭筋などです。

これらの筋肉バランス乱れると顎の痛みや頬、こめかみ辺りまで重たい、だるいなどの鈍い痛みが起こります。

顎関節症II型
外傷によって顎関節の関節包や滑膜、靭帯などの組織が損傷するタイプです。これは顎をぶつける、転倒して顎を損傷するなどのケガや歯を抜いた時などの外力によって起こります。

顎関節の組織が損傷することによって損傷した部分を保護するために咀嚼筋や顎関節周辺の筋肉が過剰に緊張するようになります。これにより口が開きにくい、顎の痛みが悪化するなどの二次的障害が起こります。

顎関節症III型
関節円板の異常によって起こるタイプです。この顎関節症Ⅲ型は別名、顎内症ともいいます。関節円板とは顎関節を構成する下顎頭と下顎窩の間に挟まれている軟骨組織になります。この関節円板は滑走運動やクッションの役割をしており顎関節の運動や衝撃緩和のために働いています。

この関節円板の組織の異常や形、位置、運動異常によって顎関節の動きが悪くなり、口の開閉運動に障害が起こります。

口の開け閉めで関節円板は正常な位置に戻りますが顎関節症で関節円板のズレが起こると口を開ける時に関節円板がズレてしまい『カクン』といったクリック音が起こります。そして関節円板のズレによって口を大きく開けれないあるいは口を閉じることができないなどの症状が起こり同時に痛みを伴うこともあります。

顎関節症IV型
顎関節を構成している骨が変形しているタイプです。別名、変形性関節症ともいい、何らかの原因で下顎頭と下顎窩などの顎関節の骨が変形し顎関節症が起こります。ギシギシとした関節雑音のクレピタスが特徴で、そのまま放置していると雑音や痛みが増大し、口を開けにくいなどの障害が起こります。

顎関節症Ⅴ型
I~IV型に該当しないものでストレスや周りの環境など心理的要因が原因だと考えられています。





























ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島市中区上八丁堀7-8-2F
TEL.082-555-9399